「爆弾ジョニー」全曲解説


*メンバーによる曲解説ページです!

4th Album試聴トレーラー

https://www.youtube.com/watch?v=86_BEdlzJpM



1.東京

→地元の旧友と電話でそいつが話してた東京について歌った。

弾き語りだと普通の良い曲だが、バンドでやるにあたり声のキー関係に問題アリ、変なアレンジになった。サビで正しくも楽しくもない感じの転調をする事にしました。笑

東京は変な街だから変な曲になって尚更良いと思った。

意味も理由も真実もいらないし、そんなもの無いし。感情とか気持ちや気分とかもうそんな小さい話もどーでも良い。

何かをいちいち想う事どまりじゃなく、何かを常に確実に思い続けろ。

いちいち浸ってないで考えろって曲かな?

って言う自分らへのメッセージ。

りょーめー




2.マリア

→ 懺悔の唄。

爆弾再開時にEVe、ソロ音源時にアダム、からのコロナで色々あった時にできた

私の人生一区切りシリーズです。なんか性格わかりやすいしょ?

久々にギター!勢い!って感じの曲かも〜

絶対に言わないけど、色んな人達に「ごめんね」って気持ちは持ち合わせてるよ。

ちなみに自分は神に誓って無宗教🙏 

りょーめー





3.Ultra KOBORI

→「もうファイヤーは捨てました。Super KOBORIでもありません。そう、俺はUltra soulを手にしたのさ☆」

・・・語りの声は曲名からわかると思いますが僕です。早回ししてるように聞こえますか?

全部自分で頑張って早口で喋ってます。人力です。

そしてこだわりの一発録りです。

語りだけじゃなく、色んなところに僕の声が入っています。探してみてね!!

小堀

→「YouTubeによくある広告風に仕上げました。」

安田




4.ピーチ♡いちごアメ

→あらすじ

大学を中退し、うだつの上がらない日々を過ごしているアニメオタク「桐野ユウヤ」と、アイドルに憧れる高校生の妹「サキ」。そんな桐野家の家業は先祖代々から続く飴屋であるが、社長を務めていた父親が急逝してしまう。

会社を継いでほしいという、父親最期の望みも無下にしようとしていたユウヤ。だが父の努力や飴作りの魅力に触れ、徐々に考えを改めていく。

しかし、斜陽の飴業界が抱える厳しい現実と、倒産寸前な会社経営…。

ユウヤは考えた。「ただ飴を作っているだけでは未来がない。オタクである僕の趣味を商品に活かせないだろうか!?」さらにユウヤは、想いを寄せる幼馴染みのヒカリに自分が作った飴を食べてもらいたいと考え始めていた。

果たして、なんの取り柄もない自堕落な青年が飴屋を切り盛りしていく事は可能なのか。時に家族の協力を得て、また妹サキに虐げられながら(?、今動き出したユウヤの飴作りを見逃すな!!

→キャスト

*桐野ユウヤ(20)

桐野家の長男。アニメオタクだが、ゲームやアイドルなど全般的に好き。

特に勉強やスポーツが出来るわけでもなく、ごく平凡な大学に進学した。だが通うのが面倒になり中退。そのままいつしかバイトにも行かなくなり、ニート状態になっていた。彼女いない歴=年齢。幼馴染みのヒカリに、密かに想いを寄せている。強い近眼。

*桐野サキ(16)

現在高校一年生。幸いにも母に似て、中々の美人。小さい頃からアイドルが大好きで、現在は韓国のガールズグループ「Day Dream」に心酔している。ダンスや歌のレッスンを受けており、本人もアイドルになる事を夢見ている。無気力に生きているユウヤに対して厳しい態度を取りがち。

*桐野梨沙子(49)

桐野家の母。

出身は裕福な家庭で、義彦との結婚も当初は両親から反対されていた。

義彦とは釣り合わない様なクールビューティーな美貌の持ち主。性格や言動も一見ドライに見えるが、根は熱い。

*桐野義彦(53)

故人。「飴屋桐野」の四代目。

客の前では威勢が良いが、妻には頭が上がらない。昔知人の連帯保証人になって大損した事から分かる、絵に描いたような人格者。商売に関しては、昔ながらの製法を守る頑固さを決して曲げなかった。

*桐野為蔵(82)

義彦の父で、飴屋桐野の三代目である。孫には甘いが、仕事にはとても厳しかった。ユウヤが試みている伝統を破る飴作りを良く思っていない。

*小泉ヒカリ(20)

同じ町内に住むユウヤの幼馴染み。

小さい頃、一瞬だけユウヤの事が好きだった。小中と同じ学校だったが、高校からは別の学校に通っている。最近では偶然出くわした時に挨拶するくらいの関係。

ピーチ♡いちごアメ→https://youtu.be/eUfFtE3VglU


アニメ「ピーチ♡いちごアメ」についての情報はイメージカット一枚、あらすじとキャスト、主題歌しかありません。あとは任せますッ!!(?

(EDのあしあとJAPANも頑張って作ります)

安田




5.いいじゃん!

→こんな世の中でも「いいじゃん。」って思える瞬間を、見つけれたらいいじゃん??

タイチ



6.猫

→無意識呼吸系(ナニソレ?)の曲なので、こういう曲は定期的に出てきます。

歌詞にも曲にも意味はありません、夢みたいなもんだと思って下さい。

安田



7.B級映画

→俺が中国映画だと思ってたものは香港映画だった。

この曲タイチくんが普段叩かないフレーズがちょくちょく出てきたり、いつものことだけど安田くんが色々アイデア出してくれたり、実際俺じゃなくてりょーめーが歌うからこそいらなくなった構成も削ったりしたから、自分が作ったっていうより皆にバンドの曲にしてもらった感じがあって気に入ってます。最後の方に1発だけ入ってる指パッチンとちょくちょく出てくるアコギはりょーめーのアイデアなんだけど、凄くいい。

今までの曲の中では1番リズム隊が前にきてる感じがあって音もかなり良く録れたと思うし、小堀くんのベースを活かすベストな選択が出来たんじゃないかな。

何かを思い返す時のちょっとあやふやな感じを変換して音に出来たから、わかりやすくロックってわけじゃないしポジティブでもないんだけど、ちゃんと今書いた曲って感じです。

たまにはこういうのも書きます。

キョウスケ




8.123356

→ 実は2018年に「緑」と一緒に録音、MVもある。デモ音源と違い今回はピアノ入ってる。

サビは個人的に当時の身体がしんどかった感じが出てますね、今は今で別にしんどいけどね。

サビ以外の歌詞は爆弾の過去曲で構成されてます、わかりにくいのもあると思う。

バンド始めてから10年近いなと思い、以前からこういうのやってみたかった。

去年の10周年盤に入れようとしたけど、その時から次回作はセルフタイトルのアルバムにしようって話があったのでこのタイミングでのリリース。

(いや、できて良かったなしかし。。笑)

どうやら爆弾ジョニーはまだ遊び続けるし、探し続ける事ができるみたいです!

タイトルはタイチが8分の6拍子演る時、「ワントゥスリースリーごーろく」って言うカウント。4抜き。(マンションの号室みたいだな?)

私は死ぬ気って読んでます。この曲と「緑」は大好きです。

ちなみに、サビの「拐かされ〜産声も」の所はお蔵入りになった新曲達とか完成しなかった曲達の事でもあります。まさにこの曲も!笑

生まれて良かったね〜👏 りょーめー


MVはコチラ!

https://www.nicovideo.jp/watch/sm34251210


下記画像が答え合わせです〜笑

最後まで読んでくれてありがとう!!

爆弾ジョニー Official site(新)

爆弾ジョニーの新しい公式ホームページです。(2020年〜)